読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京日記開始

7月から東京で働くことになった。
2年前に鹿児島に赴任してから、しばらく金融の仕事をしていたが、今回、名誉ではあるがあまり喜びたくない辞令を頂き、僕の職場のいわば"本社"へ転属した。
正直に言って、鹿児島時代より自分の時間が無いのは明らかで、この先忙しすぎて体を壊す可能性すらあるが、そんな状況だからこそ、自分を見失わないために日記を書くことにした。日記は大学時代に書いたきりだが、時間の許す限り、筆を執っていきたい。

7月1日に辞令を頂いた後、早速2日には引越のサ○イに荷物を搬出してもらった。3日に鹿児島市役所に転出届を出したりして、4日朝には羽田へ出発した。
東京では、共同の宿舎へ入っているが、これが恐ろしく汚い。自分は4部屋・1世帯用の区画に「4人共同で」暮らしている。ルームシェアのようなもので、風呂・トイレは共同である。仕事の性質上、各人全く掃除する暇がないのだろうが、あまりにも掃除されておらず、風呂の汚さは想像を絶するものだった。入居初日は入浴する気が起きず、同じく鹿児島から上京したK先輩と銭湯へ行き、翌日自分の手で風呂を大掃除して、ようやく入浴できるようになった。
先週1週間は、歓迎会等の飲み会をひたすら交えながら、新しい職場の仕事を始めた。今回の仕事は、鹿児島時代にやっていた金融関係のものではなく、また1から知識を再蓄積しなければならない。今、僕が任されていることは、とりあえずペーパーを撒いたりコピーを取るだけだが、これも鹿児島時代と勝手が違うため、かなり手間取ってしまった。今週も引き続きその類の仕事だろうが、ちゃんとこなせるかが非常に不安である。

今日が海の日だったこともあって、この週末は3連休だったが、土曜日に体調を崩してしまってロクに動けなかった。特に土曜日は38度以上も熱が出てしまった。日曜も引き続き休養に充てるかと考えていたが、東京で就職したAと会うことになり、若干不調な体で新宿まで出向いた。Aは4月に就職したものの7月頭に退職してしまい、色々と話を聞いた。このご時世なので再就職はなかなか難しいところだが、焦らずに道を見定めてほしい。
昨日の夜はAが我が家に泊まり、今日の昼頃帰っていった。彼は保険証を持っていないので、もし風邪が移っていたらと思うと怖い。

明日からまた仕事が始まる。不安でたまらないが、落ち着いて頑張りたい。