結婚式、鹿児島へ

僕が大学時代に知り合い、一番仲が良かった友人が結婚した。
僕は入学前に1年浪人したので、周りは1つ年下ばかりだった。加えて、高校時代から最も仲が良かった親友Hが同じ大学・同じ学部(学年は1つ上だが)だったので、どちらかと言うと大学時代は同級生ではなく、Hとばかりつるんでいた。
とは言っても、大学入学後にできた友人も数多くいる。入学後に知り合った友人の中で、最も仲が良かったのがBである。Bは、入学後のオリエンテーションで僕の隣に座っていた。このオリエンテーションでは、皆友達を作ろうと必死になっていて、今思い出すと微笑ましい。僕は前日にHの家に泊まっていて、鞄の中にゲーム機のコントローラーを入れていた。入学後のオリエンテーションにコントローラーを持ってきているという謎な状態を、Bがいち早くつっこんできた。僕とBが仲良くなったのはその時からだったと思う。

Bは大学時代に別の大学のIさんと付き合い始めた。BはたまにIさんを僕に会わせたので、僕も彼女と面識はある。Bは鹿児島出身で、卒業後鹿児島県内で就職した。職場が違えど僕も鹿児島市内で働いていたので、この2年間は時々Bと飲んでは彼らの状況を聞いていた。今年の3月末に婚約し、8月上旬に式を挙げるとのことだった。

「お前だけは絶対式に来てくれよ」とBは言った。よくある社交辞令かもしれないが、大学時代最も仲が良かったBである。今の僕の仕事の繁忙度的に、鹿児島に帰るのは少し厳しいと思われたが、「必ず行くよ」と返事をした。

8/2(金)は案の定仕事が23時過ぎまでかかった上、上司に飲みに連れて行かれたので帰宅は夜2時前だった。8/3の飛行機は朝7時過ぎに羽田発。自宅を5時前には出発しなければならない。というわけで1時間だけ寝て、羽田へ向かった。
鹿児島空港には10時前に着いた。それから鹿児島市内で髪を切ったり、靴を磨いてもらったりして時間を潰した。式は16時からで、会場である某ホテルには大学時代の友人達が既に集まっていた。

式は本当に素晴らしいものだった。特に、式の最後にBが結婚にあたっての決意を述べたシーンでは、年下であるはずのBが非常に大きく見えて、恥ずかしながら僕は大泣きしてしまった。あまりにも僕が本気で泣いていたので、同じテーブルの友人達が笑っていた。

その後、2次会、3次会と続いて、夜中の何時かに解散した。3次会のカラオケでは、大学時代に僕がよく皆の前で歌っていた某曲を久々に上裸で歌った。もうやらない。彼らとできる大学時代のノリも、これが最後になるだろう。8/4夜、僕は東京へ帰ってきた。

結婚は相手の人生を左右する。まして、2人の間にできた子供の人生は拘束される。結婚は決して安易に行われるべきものではない。僕はこの先ずっとこうやって自分自身を戒めるだろう。しかしそれはそれとして、Bには幸せな家庭を築いていってほしいと切に願っている。