読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰熊

9/21〜23まで、実家のある熊本に帰省した。

9月に入って遅い帰宅が続き、精神的に少し辛かった。仕事が無限に降り注いでくる。加えて職場の皆は基本的に優しいが、この職場は係長が係員の仕事を見るのではなく、係員が自分だけで案件を受け持ち、責任を持たなければならないので、係長は僕のことを全て把握していない。責任が重くのしかかってくる。こうやって深く考えすぎる人間は、この職場ではやっていけないのかもしれないが‥。
また、僕は大学に入学した時からずっと故郷である熊本を離れている。就職した時に熊本勤務を希望したが、鹿児島に配属になってしまった。7月の異動期も熊本を希望したにもかかわらず、今度はさらに遠い東京勤務だ。熊本を離れて7年目になる。そしてタコ部屋のような部屋に入れられ、職場と自宅を行き来するだけの生活になっている。「いつになったら帰れるんだ」「ずっと閉じ込められるのか」という気持ちが強くなり、実家には今年の5月か6月にしか帰っていなかったこともあって、急激に実家に帰りたくなった。16日ぐらいから「連休にどうにかして帰ろう」と思うようになり、すぐに航空機の往復チケットを取った。

20日は早々に仕事を切り上げて、0時過ぎには帰宅した。往路は21日成田発7時のものだったので、寝たら出発に間に合わないとふんで、ずっと起きておくことにした。しかしあまりのきつさに、3時ごろ爆睡。起きたら5時半で、まさかの成田発には間に合わなかった。だが、何が何でも帰りたい僕は、無駄になったチケット代よりも、次のチケットを取ることしか頭になかった。羽田発14時のチケットを取って、熊本へ発った。

熊本空港には親父に迎えに来てもらった。その日は親父といつもの飲み屋で飲んだ。色々な愚痴を聞いてもらった。かなり疲れていて睡眠不足でもあったので、酔いがまわって話しながらウトウトしてしまった。ただ、とにかく東京で孤独を感じていた僕にとっては、とても楽しい時間だった。それから22日はだらだら過ごして、23日の昼に福岡経由で成田へ帰ってきた。

故郷は本当に素晴らしい。あちらにいた時は見慣れすぎていた風景も、今の僕にはひとつひとつが体を活き活きとさせてくれる薬だった。
これから約3ヶ月、体がもつのか、本当に不安だ。土日もロクに休めなくなるだろう。でも、どうにか隙を見て、年末までにまた故郷へ帰りたい。