読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

淡々と過ぎる日々

木曜日(11/14)、鹿児島時代の直属の係長が職場に顔を出してくれた。この方とは2年間共に働き、お互い金融に関して完全な素人ながら、苦難を共に乗り越えてきた。非常にひょうきんな方で、鹿児島時代の仕事が楽しかったのはこの方のおかげと言っても過言ではない。今回は研修で東京に来たということだった。久々に顔を見れてとても嬉しかった。

金曜日(11/15)は、夜の3時半まで仕事をした後、K先輩とタクシーで帰り、家の近くのラーメン屋で朝6時まで飲んだ。給料日だったのでこれくらいパーッとやってもいいだろう。夜中に開いている居酒屋が全く無い(練馬区はほとんど田舎のようなものだ)中、朝までやっているラーメン屋があってよかった。帰ってきてから爆睡し、目が覚めたら夜の19時だった。

今日(11/17)は夕方から仕事に出た。帰りに駅の近くの定食屋で一杯飲んで、夜2時頃帰宅。9月の残業時間が120時間、10月が150時間ときて、今月は180時間を突破しそうな勢いである。残業が増えること自体には慣れてきた気がする。しかし仕事の中身はいよいよ佳境で、案件をゴールに向けてまとめていかなければならず、心なしかずっと緊張している。