妻籠旅行

7/25〜26は、長野県南木曽妻籠宿に行ってきた。
妻籠宿は、江戸時代に整備された五街道のうち、中山道にある宿場街。以前、「男の隠れ家」という雑誌で妻籠のことを知って以来、ずっと行こうと思っていた。一度3月に旅行の計画を立てたが、体調を崩して断念した経緯があったが、今回ようやく決行することができた。

25日朝11時、「特急あずさ」新宿発松本行へ乗車。

道中は、毎度おなじみ缶ビールを飲み、寺山修司「ポケットに名言を」読みながら進む。この本は、実は実家にもう1冊置いている。2008年に福岡から東京へ自転車の一人旅に出た際、北九州の公園で男性から貰ったものがそれである。正直言って、その時は全く読まなかった。当時僕は20歳、男性が29歳ぐらいだったと思う。今、僕が26歳になって彼の年齢に近づき、改めてこの本を携えて旅に出たいと考え、出発前に新宿の紀伊國屋で買ったのが今回のものである。

特急あずさは長野県松本市まで向かうが、南木曽へ行くためには、途中、塩尻という駅で名古屋行に乗り換えなければならない。塩尻の時点で昼13時半ぐらいだったと思う。ここで昼飯を食べることにし、駅の側にある定食屋に入った。この周辺では鶏の山賊焼きが有名とのことで、これを食べることにしたが、いわゆる山賊焼きといえば照り焼きのようなものを想像していたところ、巨大な唐揚げが出てきた。後に調べてみると、山賊焼きには2種類あり、西日本を中心に広まっている照り焼き風のものと、長野県を中心に広まった唐揚げ風のものがあるらしい。美味しかったが、胃がもたれた。

塩尻駅から南木曽駅を目指すが、7月上旬の台風のため、中央本線の線路が土砂で潰れているとのことで、まさかの南木曽手前までしか列車が進まないという事態に陥った。臨時バス等を駆使しながら南木曽へ向かったが、予想以上に時間がかかり、到着したのは17時近かった。南木曽駅に停まるタクシーに乗り、「大妻籠の○○って民宿に行きたいんですが‥」と伝えると、割と有名な民宿らしく、運転手のおばちゃんはすぐに把握して出発した。

僕が泊まることにした民宿は「大妻籠」なる場所にあり、妻籠宿から若干離れているが、ここもここで古びた建物が並んでいて、風情があった。


民宿の女将さんは驚くほど若い方で、惚れ惚れしてしまった。到着した時、既に18時をまわっていて、「お風呂入りますか?」と尋ねられたが、僕はとりあえず夕飯を食べることにした。しかし、夏なので当然だがこの日はかなり暑く、びっしょり汗をかいていたと思う。

僕は民宿の二階・縁側の隣の部屋に通された。僕の他に2人1組が2組、計4人が泊まっていたが、全員外国人であった。1組は老年のご夫婦、もう1組は僕と同年代ぐらいの若い男性2人。夕飯を食べる座敷で5人揃ったので、あわよくば声を掛けようかと思ったが、まさかの全員外国人の方で、しかも彼らが話す言葉は英語ではなく、何語で話せばよいかわからず、声を掛けることができなかった。しかし、皆とても親切で、お茶を取ってくれたり、カタコトで挨拶をしたりしてくれた。
夕飯を食べた後は、自分の部屋で本を読んだりしてゆっくりと過ごした‥が、昔ながらの建物のため、外との仕切りが簾等しかなく、蛍光灯に尋常ではないほど虫が寄ってきた。夜20時を過ぎると、とてもではないが灯りを点けておくわけにはいかず、灯りを消して早々に寝てしまった。
翌日は朝8時に朝食をいただき、10時にはぼちぼちと出発した。とにかく女将さんともう少しお話したかったのが残念だった。

この民宿の一階には囲炉裏もある。夏なので火は点けられていなかったが、冬にでも来れば、囲炉裏を囲んで旅人と話ができるかもしれない。

それから、前日には時間が無く全く見ることができなかった妻籠宿の町並みを見ることにした。


14時前にそば屋でビールと蕎麦を食べた。「そば屋で飲む」という行為は日本人ならではだと思う。ハタから見れば非常におっさんくさいかもしれないが‥。


15時、坂下駅から中津川駅経由で名古屋駅へ向かう。若干酔いが回って眠くなり、道中ほぼ寝ていた。

最後に名古屋駅から新幹線で東京へ。中央本線の線路が潰れていることもあり、往路と同じ道を帰ろうとは思わなかった。
昔ながらの素晴らしい景観が遺されていたと思うが、やはり長野、雪化粧した町並みも是非見てみたいと感じた。

帰りは新横浜駅で降り、7月に九州から出てきた同期の女の子と2人で飲んだ。色々と愚痴を言い合い、共通の問題意識があったことを確認できた。24時前帰宅。