読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行(1日目)

今日から夏休みである。
ふと思い立って京都へ行くことにした。
実はこの記事はなんやかんやで11月16日に書いているので、かなり記憶が曖昧である。ただ、これ以上放置するとますます書けなくなってしまうので、とりあえず簡単にまとめていく。

14時過ぎ、東京駅で新幹線に乗り出発。この日は全国的に天気がかなり悪く、道中ずっと土砂降りだったと思う。

17時過ぎ、京都駅に到着。小雨が降っていたが雨が落ち着いて一安心。とりあえずこの日お世話になる民宿「柳絮(りゅうじょ)」向かう。「塩小路通」沿いにあり、駅から歩いて15分もかからないところ。が、住宅街の中に紛れているため、最初かなり迷ってしまった。

僕の部屋。ベッドが2つあるが、部屋が無かっただけで僕は一人旅である
この民宿は初老のご婦人が管理されている。彼女自身はこの場所からもう少し離れたところに自宅があるらしく、夜遅くなる前に自宅へ戻られる。だから、夕飯や朝食は出ない。鍵の管理さえしっかりすれば、門限も特にないとのこと。個人的には非常に便利な宿だと思った。
共有スペース
共有スペースには女将さんが趣味で読んでいる本が積まれていた。「私が面白いと思うものだけ持ってきてる。暇な時に読んでね」とのことだったが、この日は共有スペースにも家族連れ1組が泊まるほど満室だった(この1組と僕、そして男子学生2人組の計3組が泊まっていた)。この写真は家族連れが来る前に撮った一枚。

宿に荷物を降ろし、夕飯兼夜の京都散策に向かう。交通機関を使ってもよかったが、せっかくなので歩くことにした。
河原町通をひたすら北上し、四条河原町を目指す。


途中、なにやら目を惹かれるおいしそうな店を発見したが、とりあえず後にする。
四条河原町

先斗町
四条河原町には、先斗町(ぽんとちょう)という昔ながらの風情ある建物が連なった通りがあり、オツなおばんざいを出すらしい。あわよくば入ろうかと散策するが、値段が割と高く、1人で入るのも気が引けたので、通りすぎて三条通まで来てしまった。今度は川端通鴨川沿いに南下する。いい加減腹が減ってくる。
四条大橋の上から
また四条に戻ってきた。すると、橋の上に尋常ではない数の人がいるではないか。聞いたところによれば、ちょうど京都の五山送り火がこの日に行われ、橋の上から送り火を見ようと人が殺到しているとのこと。僕も30分ほど橋の上で粘ったが、天気が悪いせいか全く見えなかったので諦めた。


さらに南下するが、路地裏をうろうろしていると「宮川町通」に迷い込んだ。この通りは、祇園と並び舞妓さんと遊ぶことができることで有名らしい。店の表に何ら看板などが立っていないので、最初、何の建物が立ち並んでいるのか全くわからなかった。さすが初見さんお断りの遊びである。
そうこうしているうちに五条まで来てしまった。さらに南に向かうと何も京都らしいものが食べれる店がないので、また引き返して(行ったり来たりしている‥)、ひっそりとたたずむ小料理屋に入った。
客はおらず、僕はカウンターに座って何かをテキトウに注文した。ビールを飲みながら女将さんと談笑していたところ、しばらくして急激に気持ちが悪くなった。酒はビール2杯しか飲んでいなかったはずだが、歩き疲れたからなのか酔いが一気に回って、胃の中の物が喉の一歩手前まできた。女将さんが話しかけてきても全く喋れなくなり、額は汗びっしょり、「これはもうカウンターにぶちまけるな」という勢いだった。なんとか必死に飲み込み、急いで店を出た後、店の近くの公園で盛大に吐いた。こんなことは全く初めてであった。本当なら店の写真でも撮るつもりだったが、逃げるように出てきたので撮れていない。
そんなこんなでフラフラになりながら、歩いて宿に戻った。僕の外出中にやって来た家族連れは、すでに寝ているようだった。僕は風呂に入って(女将さんから「朝シャンは禁止」と言われていた)、布団に横になるなり爆睡してしまった。