読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都旅行(2日目)

2日目である。
男子学生達は早々にいなくなり、家族連れも間もなく出て行った。僕は前日、女将さんに「元々1日しか予約してなかったが、連泊させてもらえないか」と伝えていて、OKしてもらっていた。この日は男子学生達の泊まっていた部屋に移動することになった。

9時半ごろ宿を出発し、京都駅で朝飯。京都らしいものを、と探したが、時間が早すぎてどの店も開いておらず、仕方ないのでビュッフェを食べた。

京都駅から、まずは西本願寺へ向かった。

西本願寺では、お坊さんの説法(?)を聞くことができた。僕は何も信仰していないが。「拝まない者もおまがれている 拝まないときもおがまれている」らしい。

次に、東本願寺へ。

御影堂は改修工事中だったのが残念。

東本願寺を後にし、京都駅から地下鉄で烏丸御池駅へ。ようやく交通機関を使った。烏丸御池に、手拭いを扱う老舗があるとのことで、ぜひそこで手拭いを買いたかったのだ。

烏丸御池から三条通をひたすら東へ歩き、「サウナオーロラ」で一風呂浴びた。このサウナは親友Aお薦めのもの。サウナの近くにピザ屋があり、ここもAの勧めがあったので、昼飯がてら入った。川沿いで優雅にビールとピザを食べ、至福の時間であった。

三条から歩いて北上。京都御苑に入る。


京都御苑は敷地が広すぎた。じっくり歩いて回ると、2時間近くかかってしまった。

京都御苑を出た時点で17時近かったが、まだまだ行きたいところはある。神宮丸太町駅から地下鉄で清水五条駅に向かい、そこから歩いて清水寺へ。坂がひたすら続き、かなりキツかった。
夕暮れの清水の舞台


18時半の参拝時間ギリギリまでうろうろしてしまった。

さらにここからバスに乗って祇園方面へ。八坂神社へ向かう。


たくさんの提灯が灯されていて綺麗だった。

せっかく祇園に来ているので、祇園で夕飯を食べるかということで「花見小路通」を訪れた。これまた風情があってオツな通りである。どこに入ろうかとうろうろしていると、店先に恐ろしく美人の、着物のお姉さんが立っていて、「どうですかー」と客寄せをしていた。当然その店に吸い寄せられたが、ステーキのお店で一名様5,000円と書いてあるのを見て、さすがに無いなと断念。湯葉を使った料理を出す店で、手頃なものを食べた。

最後に高台寺へ向かった。妖怪を描いた提灯をライトアップした催しが行われていた。ここでカメラの電池が切れた。

祇園四条駅から七条駅まで地下鉄に乗って帰ってきた。駅で女将さんから「少しお話できればと思って待っていたが、遅くなりそうなので自宅に帰ります」との電話があった。次の日は朝から病院に行かねばならず見送りできないのでとのこと。女将さんとももう少し話してみたかったが、残念。

翌日は平日なので、他に宿泊客はおらず、僕1人だけで宿を専有できた。とはいえ、この日は酒を飲んでもいないのに早々に爆睡してしまった。