読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蛇の腹(前編)

7/1の日記に書いているとおり、今事務年度に入ってから、僕は一つ非常に大きな仕事を任せられている。その第一回目の作業が、9/15〜今日まで行われた。正直なところ死にかけた。

この作業は、先方の会社から提出された資料をチェックして、我が社の某課に内容を説明する、というのが一連の流れだが、とにかく確認する内容が膨大で、先方に内容をヒアリングしたり、場合によっては修正してもらう必要もある。やっと整った資料を某課に説明しようにも、某課から呼出しがかかるのは夜中の2、3時だったりするし、そこで更に修正の指摘があれば、戻って確認のやり直しである。

9/20〜21、23は休日だったが、当然全て出勤してひたすら作業にあたった。特にキツかったのは、22日(月)の夜に資料修正の発注をし、23日(火)朝5時に提出(当然、それまでは寝ずに作業継続)、2時間ほど先方にヒアリング兼議論をしつつ、7時から2時間かけて資料の要約を作成し上司へメール送付。1時間半寝て11時頃から作業再開‥というデスマーチだ。この日は休日ではあるが昼からぼちぼち人が出勤し始めたところ、僕のあまりのやつれように「もう帰れ!」と強制送還されてしまった。

それからもひたすら作業が続き、今日30日に某課に対してようやく全ての説明が終わった。2週間近くヒゲを剃らず、僕の頬はかなりコケていたらしい。
この作業は、題名にも書いているとおり今回で終わりではなく、9月後半に1回目、10月後半に2回目、11月に3回目が行われる。前途多難だが、やるしかない。気づけば終わっているかもしれない。明けない夜はないはずだ‥