読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

27歳になって/蛇の腹(後編)

12/8で27歳になった。

8日は月曜日で、6〜7日と合わせて3連休にすればいいよ、という周りからのはからいで有給を取ることになった。諸事情で今年の年末は熊本に帰れるかわからない状況のため、この3連休で帰るか、などと思案していた。が、なんだかんだで仕事が全く終らず(しっかり書いておきたいが僕のせいではない)6・7日と土日出勤。結局休めたのは8日だけで、土日休めなかったのを有給で穴埋めしただけだった。こんなに理不尽なことがあっていいのか。さすがに頭にきてしまった。

と、愚痴ばかり書いても仕方ないが、27歳である。30歳に片足突っ込んだ気がする。今の自分の歳、自分の職業、住んでいる場所、置かれた立場‥いろんなものを省みるに、本当に遠いところに来てしまったと思う。時々小学生の頃なんかを思い出してみる。そこには日常的庶民的な少年がいる。そしてふと今の自分の姿を見返した時、あまりのギャップに驚く。27歳‥全く実感がわかないというのが率直な気持ちである。

そして題名のとおり、本日12/21(日)をもって、約4ヶ月苦しめられてきた「大案件」が99%片付いた。この仕事は作業量が膨大すぎて、やりながら気が遠くなるのを通り越して目の前が真っ暗になった。しかし、もう多くは書くまい。とにかく、終わった。

他に、11/23(日)にK先輩と後輩Hで、つかの間の休みを利用して軽井沢に日帰り旅行に行った、という話題もあるが、面倒なので書くのは省略する。

とりあえずは、あるのかわからない年末休みに向けて突っ走るだけだ。