北斗星を求めて

寝台特急北斗星」が、今年3月13日(金)で運行を終了する。
一応、ゴールデンウィークや夏休みに臨時で復活するらしい。とはいえ、その期間は客が殺到してとてもではないが乗れないはず。乗りたければ、運行終了前に乗るしかない。
北斗星の乗車券は、乗車日の1ヶ月前に発売される。そして、発売後すぐに売り切れてしまうという。並ばなければ買えないし、仕事はあるし、諸々考えると、「3/7(土)の切符を、2/7(土)に駅に並んで買う」ことが、僕が乗車券を手に入れる唯一の手段ということになった。

というわけで、昨日2/6は仕事を終えるとともに、上野駅周辺のネカフェに入った。夜中はここで時間を潰し、今日2/7は朝5時前から行動を始めた。
まず上野駅みどりの窓口前に行くが、なんと15人ぐらい並んでいる。朝5時なのにもかかわらずだ。上野駅は比較的大きい駅なので、最初からアテにはしていない(じゃあなんで上野に陣を張ったんだよという感じだが、上野駅は他の候補の駅の中間だったので‥)。他の駅に向かうことにした。
次に日暮里駅に降りる。みどりの窓口前には2人並んでいる。いわゆる「10時打ち」のテクニックのためには、1番目でなければならない。次の駅に行く。
5時半、巣鴨駅に着く。ここにも2人いた。少しずつどの駅も人が並び始めていて、このまま駅を選んでいては埒が明かなかったので、仕方なくこの駅で待機することにした。巣鴨駅のみどりの窓口は7時に開く。1時間半近くじっと立って待った(当然だが屋内ではないので寒すぎる)。7時に窓口が開くとともに、事前受付券を3番目に提出。
次に、8時にみどりの窓口が開く秋葉原駅に降りた。人は既に4人並んでいる。5番目で40分ほど待ち、8時に事前受付券を提出。
最後に東京駅。11番目ぐらいだった。人が多すぎる。受付券を提出して、10時まで待機する。

東京駅のみどりの窓口は、10時2分前から窓口の放送で時報を流していた。10時になったと同時に駅員さんが処理を始める。乗車券は10時の発売後すぐに売り切れてしまうから、駅員さんの処理の1分1秒が勝敗を分けるのである。
10時から5分ほどして、駅員さんの結果報告が始まる。僕はB寝台(開放)という、最も席が多く、取りやすいところをお願いしていたが、結果は「取れませんでした」。11番目だったので仕方ないと、東京駅を後にする。
次に秋葉原駅に戻り、結果を聞く。5番目の方「×」の掲示。だめである。頼みの綱の巣鴨駅に行く。
最後の巣鴨駅。駅員さんに「どうでしたか?」と尋ねる。「残念ですが、取れてません」との回答。結果0/3‥。B寝台であっても発売後数秒で売り切れてしまったということだろうか。鉄道ファンの力をなめていたかもしれない。それほどまでに北斗星は人気だということだ。

朝の激寒の中ひたすら並んだことを思い出すと悲しいが、あれだけやってダメだったのだから悔いは無い。完全燃焼だ。3/7〜8はどこか別のところへ旅行に行こうかと思う。