乳頭温泉へ

2/28〜3/1は、Aと秋田県乳頭温泉郷へ旅行に出た。

28日朝10時、東京駅に集合。朝から早くもごった返している駅弁売り場で〆鯖弁とビール、つまみを買い、「こまち」に乗って田沢湖駅へ出発。僕は、東北新幹線に乗るのは初めてであった。
Aの机。僕の机は右

Aは、僕のカメラを珍しそうにいじくっていた。僕のカメラは昨年3月に買ったオリンパス製のミラーレス一眼レフで、7月の妻籠旅行から写真は全てこのカメラで撮っている。僕にはどんな機能が備わっているのかよくわからないが、とにかく勝手に素晴らしい写真を撮ってくれる、旅に無くてはならない存在である。

車窓からその1
その2
上の写真は、既に秋田県に入ってから撮ったもの。いきなり一面の雪景色で、車窓ががらりと変わる。

田沢湖駅
13時半、田沢湖駅到着。ここからバスを使って乳頭温泉郷まで向かう。田沢湖へ行こうかという話にもなったが、タクシー等を駆使する必要があってかなり金がかかるのが判明したため、断念。1時間ほど時間を潰して、14時半にバスに乗り込んだ。宿まで40分程度だったが、道中、Aがバスに酔って非常に気分を悪くしていた。

宿の外観
乳頭温泉郷は7つの宿で構成されていて、僕たちはそのうちの某T宿に泊まらせてもらった。土日ということもあって宿泊客は多かった。僕達は六畳の小さな部屋になんとか滑りこむことができた。
部屋の中
部屋にはガスファンヒーターが備えてあった(僕は初めて実物を見た)。窓の外は一面の雪だった。

こたつ
こたつの中で暫く談笑したあと、早速浴衣に着替えて風呂に行った。この宿は雪景色の見える露天風呂が売りのようだ。ちなみに混浴である。とにかく尋常ではない寒さだったのを覚えている。僕は速攻でのぼせてしまった。ただ、今までいろいろな場所で露天風呂に浸かってきたが、このように真っ白な景色を眺めて入る風呂は初めてで、なかなかオツであった。

酒が入り始めたため、ここから少し記憶が曖昧になっている。確か、18時頃から食堂で夕飯を頂いた。この宿は立派な旅館であって、暫く民宿に泊まることが多かった僕としては、出てきた料理にかなり豪勢な印象を受けた気がする。酒を注文しすぎて、非常に酔いが回ってしまった。僕とAは、ひたすら漬物トークをしていた。日ごろAは漬物を漬けているという話で、僕は興味をそそられた。

部屋に戻ってもう一度風呂を浴びた後、フロントでトランプを借りて色んなゲームをやった。神経衰弱、スピード、大富豪‥僕はどのゲームについてもあまりルールを知らなかったので、Aに教えてもらいながらであった。飽きもせず0時過ぎまでやっていたと思う。ずっと酒を飲みながらやっていて、いい加減眠くなったので、1時頃にようやく布団に入った。

翌朝は8時半から朝飯だと言われていた。Aは6時ぐらいには起きて、ひとっ風呂浴びに出ていたらしい。僕は酔いが残ってなかなか起きることができず、朝飯前ギリギリに起きて風呂に入り、身支度を整えた。

宿から田沢湖駅まで走るバスは10時にやってくる。それまで、宿のいろんなものを物色していた。


バスで田沢湖駅へ戻り、再び「こまち」で東京へ。往路はAと隣合わせだったが、帰りは思いのほか乗客がいてバラバラになってしまった。仕方ないので、道中の3時間は本を読んで過ごした(例の「ポケットに名言を」(寺山修司))。

東京駅でラーメンを食べたあと、Aと解散した。湯疲れなのか、どっと疲れが出てしまって、家に帰って爆睡してしまった。Aとは長い付き合いになるが、Aとの旅行はなんだかんだで初めてであった。お互い、将来いつ結婚するのかわからないが、独り身で居るうちはこうしてまた度に出たいものである。