読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

N、上京

友人にNという者がいる。小・中・高とずっと同じ学校だった。特に中学生の頃は、僕、A、Nはいつもつるんでいる3人組で、この3人で僕の祖父の家に泊まりに行ったこともある。高校に入り、お互いに別の友達ができたことから、少しずつ3人の集まりはバラバラになった。Nが所用で上京するにあたり、僕とAに連絡をくれて、ついに今日、3人で飲むことが実現した。

僕は、Aより一足早く仕事に片が付き、20時にNと日本橋で合流した。1時間ほどしてAも駆けつけた。3人が揃うのは9、10年ぶりだったのではないか。しかし、ぎこちないことも何もなく、お互いの今について楽しく話すことができた。Nは医者一家で、彼もまた研修医として昨年4月から北九州市で働いている。夜勤も多く、不規則な生活で大変だと言っていた。とりあえず研修医としての仕事を来年まで続ければ、熊本に帰って仕事ができるとのことで、辛いこともあるだろうが頑張ってほしい。

23時頃まで日本橋まで飲んだが、Aの家がある北千住で飲み直そうという話になって、地下鉄で移動した。ここらへんから僕には記憶が無い。とにかく疲れていて、酔って眠気がひどかった。2軒目では、眠りこけて机に頭をぶつけたような気がする。2時過ぎにN共々ネカフェに入って仮眠をとり、8時には起きて出社、会社の風呂に入った。かなり腹の調子が悪かった。

A、N、僕の3人は、今までばらばらになってはいたが、この関係はかけがえの無いものであって、大人になった今・これからだからこそ、大事にしなければならないと思った。