残り1年でやることリスト(2017.2.26)

何ら確定してはいないが、僕が東京にいるのは残りほぼ1年だと思われる。東京を離れるまでにやっておきたいことをリスト化しておく。

●インド一人旅
2016年のシルバーウィークは飛石になっているので、そこでは行き辛い気がしている。2017年の正月か、ゴールデンウィークになるだろうか。フランス旅行の時のように自分で諸々手配し、自分の思うままに動くのが理想だが、インドの治安や職場の理解を考えるとツアーへの参加にせざるを得ないと考えている。(2016.9.3撤回)

眞鍋かをりの「世界をひとりで歩いてみた」を読み、彼女がツアーや旅行会社に頼らず自分で行程を組んでいるのを見た時、「自分の旅のあり方はこれだ」と確信した。確かにインドへ行きたいが、ツアーに頼るのは自分らしくないと感じる。インドへ行くのは、自分がもっと海外旅行上級者になってからにしよう。検討の結果、今年はアメリカへ行き、グランドキャニオンを見ることにした。(2016.9.17-25)

岩手県・平泉への旅
一昨年に日光で御朱印帳を購入してから、各地で御朱印を頂いていたが、先日の帰省時の藤崎八旛宮をもって御朱印帳一冊が終わった。平泉の中尊寺では、御朱印帳を新しく買った時にのみ、見開きで押していただけるという珍しい御朱印がある。ぜひその御朱印を頂きに参りたい。(2016.6.18-19)

●冬の白川郷の合掌造りに泊まり、ライトアップされた集落の夜景を写真に収める
2016年の実績を書くと、冬の白川郷は1月16日の土曜日から2月14日の土曜日までの土日の間、計7回に渡り集落一帯がライトアップされた。この時期に白川郷に泊まる野望を抱いているが、ライトアップのスケジュールが公表される半年前に宿は満室になってしまい、過去2回断念してしまった。次回がラストチャンスだと思って必ず部屋を確保したい。(2017.1.1断念)今年のライトアップスケジュールが発表されたが、仕事と折り合いがつきそうにない。何度も断念しているので非常に残念。来年以降にチャレンジしたい。

●富士山に登る
人生のうちで一度は富士山に登りたい。更に言えば、富士山頂で初日の出を見てみたい。(2017.1.1断念)一般に、富士山が山開きされるのは7月から9月上旬とのことで、この時期は仕事の繁忙期と重なるため挑戦することができなかった。また、僕の知識不足が露呈して恥ずかしい限りだが、初心者が冬の富士山に登るのは死と同義であり、山頂で初日の出を拝むのは不可能である。来年以降の夏にチャレンジしたい。

●北海道への旅
北海道には一度も訪れたことがない。九州へ帰る前に行ったほうがハードルが低いから、という理由に尽きる。具体的な行き先は未定。(2016.10.15追記)冬に流氷を見に行きたい。(2017.2.25-26)

●国立の美術館、博物館に行く
多くのナショナルミュージアムを訪れることができるのは東京に住む者の特権である。にも関わらず、未だ全てを制覇していない。行ったことがあるのは東京国立近代美術館国立新美術館だけだ。東京国立博物館(2016.7.9)国立科学博物館(2017.1.29)国立西洋美術館(2016.6.3)などに行かなければならない。

浅草演芸ホールor国立演芸場で寄席を見る
一度は東京の定席で落語を見てみたい。(2017.1.28、浅草演芸ホール)

両国国技館で相撲を見る
上と似ているが一度は両国で相撲を見たい。五月場所はまもなく終わってしまうので、九月場所か、来年の一月場所、五月場所を見ることになるだろう。

思いついたら、追加していく。