坂と海と浮浪者と

朝7時半に起床。1時間ほどで身支度を終え、部屋を出た。エクスカリバーとは、ここでお別れである。

次の目的地はサンフランシスコ。マッカラン空港を11時半に飛び立つ便に乗る予定なので、9時半には空港に着きたい。バス・Deuceと#109を乗り継いで、無事に空港に着いた。

2回目の国内線、利用するのはユナイテッド航空である。ロサンゼルスを発つ時の日記に書いたように、「受託手荷物を預ける」ことが一つのミッションになるわけだが、ロスと同様にマッカランにおいてもセルフチェックインカウンターを利用することができる。このマシンを使えば、クレジットカードを挿して簡単な入力を進めるだけで受託手荷物の手続きから何からあっという間に終わる。アメリカの国内線は日本のそれ以上に多種多様な人間が利用するから、多言語に対応したマシンが発達しているのももっともなことなのかもしれない。

11時に搭乗開始。ユナイテッド航空の機材はデルタ航空より古くはなかった(新しくもないが‥)。どうも疲れているようで、飛行機の中はずっと寝ていた。2時間ほどしてサンフランシスコ国際空港に降り立った。

f:id:b3rd:20160921054137j:plain

空港から鉄道「BART」に乗ってダウンタウンまで行く。

時刻は13時半過ぎ。これは何をするにも中途半端な時間であった。フィッシャーマンズ・ワーフで昼飯を食べ、ゴールデン・ゲート・ブリッジを見に行くつもりだったが、どちらか一方しか選べそうにない。前者は、サンフランシスコのマスコット的存在であるケーブルカーに乗ることができるので、そちらを選ぶことにした。

f:id:b3rd:20160921064417j:plain

f:id:b3rd:20160921063655j:plain

ケーブルカーは路面電車のようだが、「ケーブル」と呼びながら車両の上に電線が走っていない。一体何を動力にしているのだろうか。その割にサンフランシスコ市内の急な坂道を(サンフランシスコは「坂と海の街」と言うほど、坂道だらけである)ぐいぐいと登っていく。感心するほどの馬力である。

f:id:b3rd:20160921103727j:plain

f:id:b3rd:20160921065038j:plain

ケーブルカーに揺られながらパウエル・ストリートを進み、15時頃、フィッシャーマンズ・ワーフに着いた。

f:id:b3rd:20160921071454j:plain

f:id:b3rd:20160921072811j:plain

海岸沿いをぷらぷらと歩く。穏やかな海風が心地よい港町だ。15時を過ぎているが、朝から何も食べていない僕にとっては昼飯時である。世界の歩き方に載っている「Crab House at Pier 39」には、日本語メニューもあるらしい。フィッシャーマンズ・ワーフの看板にカニが描かれているように、この町はイチョウガニが名物で、「Crab House at Pier 39」ではカニ料理を食べることができる。他に行くアテも無かったので、そこへ足を運ぶことにした。

カウンターに通され、日本語付きのメニューを見せられたが、何が良いのかイマイチよくわからなかったので、イケメンのボーイに「Which food do you recommend?」と聞いてみた。ボーイは丁寧に、カニのガーリック&オリーブオイルソテーと、カニのクラムチャウダーがおすすめだと教えてくれた。言われるがままにその2つを注文。どちらも美味かったが、カニの食べ方がよくわからず、手がベタベタになってしまった。チップ込みで約50ドル。痛い出費となった‥

ケーブルカーで来た道を戻り、ダウンタウンへやって来た。この時点で17時近かったが、どうしてもゴールデン・ゲート・ブリッジを見たかった僕は、ブリッジ行のバスが発着するテンポラリー・トランスベイ・ターミナルをとりあえず訪れた。帰りがどれだけ遅くなるだろう‥いや、行けるところまで行ってみるのだ‥そう思いながら、バスを待ってみる。しかし、いくら待てども一向にバスが来る気配がなく、そもそも時刻表らしきものも貼られていないので、これ以上は無理だ、といよいよ退散。そこから西へ30分ほど歩いて、ホテルを目指した。

f:id:b3rd:20160921100801j:plain

f:id:b3rd:20160921101615j:plain

f:id:b3rd:20160921103337j:plain

サンフランシスコの2日間に泊まる場所は、ホテルというよりゲストハウスのようなものである。前の2日間の、観光客が泊まるような場所とは少し性格が違うので、フロントのお姉さんの英語も非常に聞き取りづらい。というより、何を言っているのかほとんどわからない。テキトウに相槌を打ってチェックインした。

サンフランシスコは、ダウンタウンの中でもフィナンシャル・ディストリクトのようなオフィス街でなければ、浮浪者がかなりうろついていて、怖い。空気も臭い。ずっと緊張が続いていて、自分のベッド(自分の部屋は、2段ベッドが3つ設置されていて、6人が寝泊まりできる。僕は2段ベッドの上段を充てがわれた。この日は、満員だった)に横になるなり、ぐっすりと寝入ってしまった。

22時前、ハッと起きると、僕の他に外国人が数名いた。お互いに何かを喋っているが、全く内容が掴めない。とりあえず飲み物だけでも買わねばと、外に出た。近くにファーマシーがあって、そこでクリスタルガイザーと小袋に入ったナッツを買った。サンフランシスコのよくわからない雰囲気の”何か”に圧倒されて、結局夕飯を食べることができず、部屋に戻ってナッツを食べるしかなかった。メモ帳に1日の日記を書いていると、外国人の1人が話しかけてきた。何を言っているのか全くわからないので、「I speak English a little.」と言ってみた。すると彼は、部屋の壁にある電灯のスイッチをカチカチとやっている。恐らく、君が書き物を終われば、部屋の電灯を消すのだが、とでも言っているのだろう。僕は慌てて、すぐ寝るから、と伝え、シーツに潜った。慌ただしいサンフランシスコの1日目が終わった。