筑波山攻め

これを書いているのは12月31日。2016年も終わろうとしている。アメリカ編はすぐに完結できるものではないのでともかくとして、Aと行った3旅行は年内に書いておかねばならない。その3旅行も今回の筑波山登山で完結である。正直言って細かい部分は忘れてしまったので、写真を貼りつつ、簡単にまとめていくことにする。

10月8日、この日はAと茨城県筑波山を登りに出掛けた。天気予報で、午後から雨だと聞いていた僕達は、午前中のうちに下山まで終えよう、と話をしていた。そのためには、朝イチの交通機関を使って筑波山に着く必要がある。僕はAの住む北千住に6時45分には着いておかなければならなかった。が、案の定寝坊してしまい、30分遅刻して参上した。

北千住からつくばエクスプレス、バスを乗り継いで、筑波山神社へ。1時間半から2時間の登山が始まる。

f:id:b3rd:20161008093614j:plain

f:id:b3rd:20161008095103j:plain

天気はすでに曇りで、山頂に近づくにつれて霧が濃くなってきた。

f:id:b3rd:20161008104324j:plain

山頂はかなり濃い霧に覆われていた。山頂の標高は870mほどであるが、一帯が雲の中にあるからなのか、山頂の岩場に立つと視界はただただ真っ白な空間が広がるばかりで、雲の上にいるようだった。小雨も振り始め、いよいよ下山しなければ危険に思われた。

f:id:b3rd:20161008110657j:plain

f:id:b3rd:20161008111726j:plain

登りはさして辛くなかったが、下りは困難を極めた。雨が土砂降りになり、足場が急激に悪くなった。少しでも気を緩めると、つるっと滑ってしまう。3、4回は盛大にコケてしまった。二人に登りの時のような余裕は無く、ずっと無言で登山口を目指した。

登山口に着いた時は、少し大袈裟かもしれないが、無事に五体満足で戻って来れたことに安堵した。山を舐めてはいけない‥とつくづく感じさせられた。

北千住まで戻ってきた後、Aは自宅に着替えに戻り、僕はこの街に古くから在るという銭湯へ行くことにした。かなり年季の入った、オツな銭湯だった。

それから新宿に移動して飲んだ。歌舞伎町で久しぶりに二人でダーツをやり、僕は負ける度にウィスキーを一気したりした。贅沢な時間であった。

登山は一歩間違えば死に繋がる。十分な知識を持ち、しっかりと準備した上で次に臨みたい。