サンタヒルズの宴

12月13日にこれを書いている。11月5、6日は、Aと栃木県那須郡にあるキャンプ場「サンタヒルズ」へ行った。今回は自分で写真をほとんど撮っていないので、ここに揚げる写真はAから貰ったものになる。

8時半、僕の住む宿舎に集合。近くのガソリンスタンドでレンタカーを借り、僕のキャンプ道具を詰め込んだ。

最初の運転は、Aからだった。Aは、実家に帰った際に時たま運転することがあるらしい。まずキャンプ場の前に、僕の掛かっている病院へ行くため、新宿へ向かってもらった。いきなり新宿の迷路を運転させる羽目になり、Aには申し訳なかった。途中のセブンイレブンで100円のホットコーヒーを買い、それを飲みながら気長に進んだ。僕は、コンビニのマシンで淹れるコーヒーを飲んだことがなかったので、意外な美味しさに感動してしまい、時代は進んだとAにぼやいたりしていた。

新宿の病院で所用を終えた後、いよいよ首都高へ。新宿の下道をぐるぐると迷った分、首都高へ入った時はお互いにほっとした。

東北自動車道を進み、Aが1時間ほど運転したところでSAに入った(どこかは忘れた)。運転交代である。僕は3年半近くハンドルに触れていなかったので、もしかしたら運転の仕方を完全に忘れてしまったのではないかと思ったが、いざ運転席に座ると自然と手足が動いた。ここから那須高原まで僕の運転で行く。

更に1時間ほど運転したところで高速を下りた。キャンプ場の近くで適当なスーパーを見つけ、そこで酒や食料を大量に買い込んだ。Aが「そんなに食うか?」と怪訝そうな顔をしていた。

「サンタヒルズ」に着いたのは、少し遅い15時。森の中の一画にサイトが充てがわれた。僕達はとりあえずテーブルとチェアだけ設置し、早速ビールを開けて乾杯した。

f:id:b3rd:20161213233438j:plain

f:id:b3rd:20161213233435j:plain

f:id:b3rd:20161105153144j:plain

タープ、テントを設置したところで、少しずつ寒くなってきたので、焚き火を始めることに。しかし、キャンプ場から買った薪に、全く火が着かない。驚くほど火が着かず、正直言って「着火に苦労した」ということが、このキャンプで一番の思い出になった。初め、広葉樹(火が着きにくい一方、一度着くと長く燃え続ける)の薪を買っていたので、火が着かないのも無理ないかと諦め、針葉樹(火が着きやすいものの、広葉樹に比べて燃焼時間が短い)のものを買い直した。が、これもまた全く火が着かない。これほどまで着火に苦労したことが今までにあっただろうか。1時間以上格闘してようやく火が安定した時には、疲れがどっと出てしまった。

夕飯は、寒いので無難に鍋にした。燻製にも挑戦し、ポテトサラダやゆで卵を燻製してみたが、ことごとく失敗してしまった。ビールが無くなった後は、昨年11月に熊本でキャンプをした時に美味かった「ジャックダニエルテネシーハニーのお湯割り」を飲んだ。周囲は暗くなり、焚き火の明かりをひたすら見ていた。Aが掛けていたラジオの音がか細く響いていた。ジャックダニエルが最高に美味かった。

f:id:b3rd:20161213233433j:plain

f:id:b3rd:20161213233430j:plain

23時ごろに寝ただろうか。夜中、雨のような音が聞こえ、慌てて起きてテントから飛び出したが、木々の葉が揺れる音だった。

7時ごろに起き、昨晩の鍋のダシを温めて、おじやにして食べた。コーヒーが美味かった。

レンタカーの返却期限が迫っていた僕達は、早々に撤収作業をし、サンタヒルズを後にした。まずは僕の運転で高速道路に入り、どこかのSAで交代。Aの運転で東京に戻り、ガソリンスタンドで車を返却した。

Aにとっては今回が初めてのキャンプであった。この日のためにシュラフやチェア、バーナーを買って準備してくれた。キャンプに来てくれた友人には、いつも次のようなことを伝えている。『キャンプはラーメン二郎のようなものだ。帰ってすぐの時は、疲れて「しばらくはいいや‥」という気分になるが、時間が経つと、また行きたくなるんだ』‥。Aに楽しんでもらえたのなら何よりである。また次回も参加してほしいものだ。