イトシマオをもてなして

Hが会社の研修で6日間ほど東京に滞在することになった。そこで1月28・29日の土日は、「東京のどんなランドマークにもある程度行ったことがある」というHをもてなす、「晩白柚東京ツアー」を行った。

 

●1月28日(土)

朝10時、品川駅に集合。築地市場へ移動して、まずは腹ごしらえである。築地市場海鮮モノを食べては面白くない。築地はカレーも美味いという話を聞いていたカレー好きの僕は、Hを連れてカレー屋「中栄(なかえい)」に足を踏み入れた。

ここのカレーは合いがけ(ハーフ&ハーフ)で食べるのが通のようだ。僕とHはビーフカレーとインドカレーの合いがけを注文した。

f:id:b3rd:20170128105025j:plain

市場のカレーを侮るなかれ、コクがあって非常に美味い。ボリュームも満点で満足である。店を出て一服し、Hは「早速いいもん食った‥」と呟いた。

来たついでに市場の中を散策した。市場の朝は早い。10時も過ぎれば市場で働く人達の仕事も一段落したように見える。

f:id:b3rd:20170128111049j:plain

築地市場を出て、浅草へ。僕とHが好きな漫画・ドラマ「孤独のグルメ」に登場する甘味処「梅むら」があるのだ。

浅草寺の雷門前は、いつもと変わらない人の多さである。

浅草寺を抜けて北に5分ほど歩くと、甘味処「梅むら」はある。

f:id:b3rd:20170128123516j:plain

孤独のグルメ」の主人公・井之頭五郎は、「梅むら」で煮込み雑炊を注文しようとするが、それが来月からのメニューと知って、代わりに「豆かん」をお願いする。その例に漏れず、僕達も「豆かん」を注文した。「豆かん」は黒豆と寒天に黒蜜がかかったシンプルな甘味である。さっぱりとした甘みがあった。

f:id:b3rd:20170128123829j:plain

甘味を堪能した後は、浅草演芸ホールで寄席を観ることに。ホールの中は満員で、僕達はホールの脇で立ち見した。落語初心者に寄席はハードルが高い、観ても面白くない、という話も聞く。しかし意外と面白いね、と言い合った。どれも創作落語で、どの落語家だったか、父親が子供にトンチンカンな英語教育をするという噺をして、おはぎを表して発せられた「ナカメシコロモアーン」というフレーズに2人で爆笑してしまった。

「梅むら」から浅草演芸ホールへ至る道に、「ホッピー通り」なる居酒屋が連なった通りがある。「お兄さん、ちょっと入って飲んでって!」とあちこちで女将の客を呼ぶ声が聞こえる。そのエネルギーに溢れた界隈に圧倒されたHは、「ここで飲んでみたいな‥」と言った。僕の予定では、寄席の後は上野の国立科学博物館へ行くことになっていたが、確かにこのホッピー通りには以前から僕も興味を惹かれていた。そうとあればここで飲んでいくか、という話になった。

適当に目をつけた店に入り、ホルモン、牛スジ、マグロのぶつ切り、そしてホッピーをやりながら、2人で話をした。ここでした話が、2日間の中で一番印象深く、面白かったと思う(内容は敢えて割愛する)。しかし、この店のホッピーの“中”の質がかなり悪く、そのうえグラスにたっぷり注がれてくるので、僕は少し気分が悪くなってしまった。

f:id:b3rd:20170128153622j:plain

少し休憩することにして、神保町の喫茶店「さぼうる」へ。神保町はレトロな喫茶店がいくつかあり、少し前にAと「ミロンガ・ヌオーバ」へ行ったのを思い出した。「さぼうる」は特に人気の高い老舗で、2、30分は待たされた。

f:id:b3rd:20170128190858j:plain

コーヒーとミックストーストを注文。ここのミックストーストは死ぬほど美味い。狭い席に通されたが、それを申し訳なく思ったらしく、マスターのイチロウさんからバニラアイスの差し入れがあった。粋なはからいに感謝。

f:id:b3rd:20170128193821j:plain

すっかり日が暮れて20時になった。この日の最後は新宿ゴールデン街で締めることにしていた。小ぢんまりとした店が雑多にひしめき合う、カオスと言うに相応しい飲み屋街だ。Hの好き(だったはず)なドラマ「深夜食堂」の舞台のモデルでもある。この街の雰囲気は是非Hに味わってほしかった。

界隈を歩き回り、「すげぇ街だ」とHが言う。雰囲気の良さそうな店に入り、ちょっとした小料理と、焼酎を貰った。

f:id:b3rd:20170128212751j:plain

店の真ん中に囲炉裏がある、オツな雰囲気の店だった。しかしこの時、ホッピー通りのホッピーが着実に僕の腹をえぐり続けていて、ついに我慢できなくなり、Hを置いて外に出た。近くのコンビニに入り、トイレで盛大に吐いた。

時間は22時半を過ぎていた。「晩白柚東京ツアー」は明日も続く。この夜はゆっくり休んでもらうことにして、新宿駅で解散した。

 

●1月29日(日)

11時過ぎ、新宿駅集合。この日もカレーの腹ごしらえで始まる。新宿のカレー屋といえばここしか無い。新宿3丁目の「草枕」だ。

f:id:b3rd:20170129122445j:plain

玉ねぎをふんだんに使ったカレーである。Hは「こんなカレーがあったなんて‥」と驚愕していた。この日のHは、店を出た後も「昼のカレーの味が忘れられん」と時折呟いていた。

お笑い好きの我々である。昨日に続き、ルミネtheよしもとで漫才を観ることにした。タカアンドトシ、千鳥、ダイノジキングコングなどが出演した。生で見る漫才はテレビと違った独特の臨場感があって良い。僕はフットボールアワーが一番面白かった。

ルミネを出、昨日行くことができなかった国立科学博物館へ。巨大な恐竜の化石やシロナガスクジラの模型など、大きな構造物を見ることをHは好きであるらしく(僕は大きなものは不気味に思えてあまり好きではないが‥)、なかなか楽しんでくれたようだ。17時閉館で、1時間半ほどしか見て回ることができなかったのが残念だった。

昨日に引き続き、浅草へ移動して、Hが行ったことがあるという「神谷バー」を訪れた。この神谷バーは、明治時代にブランデーベースのカクテル「電気ブラン」を初めて出した店として有名だ。メニューには、「デンキブラン」と「電気ブラン(オールド)」がある。

f:id:b3rd:20170129180349j:plain

こちらが最初に注文した「デンキブラン」。アルコール度数は30度。

f:id:b3rd:20170129182634j:plain

そしてこれが「電気ブラン(オールド)」。アルコール度数は40度になる。その度数はさすが、舌が痺れるほどである。

電気ブランで気持ちよく酔った僕達は、休憩がてら喫茶店に入ることに。浅草にもレトロな喫茶店がある。池波正太郎手塚治虫がこよなく愛したという「アンヂェラス」がそれである。

f:id:b3rd:20170129191549j:plain

ダッチコーヒー(水出しコーヒー)と、バタークリームを使ったケーキ「アンヂェラス」を頂いた。

「最後に、背脂がたっぷり入ったラーメンが食べたい‥」とHが言った。Hが探し出した背脂チャッチャ系のラーメン屋「弁慶」へ足を運んだ。

f:id:b3rd:20170129195652j:plain

ここのラーメンはこれでもかというほど背脂がチャッチャされていた。丼ぶりの外側にまで背脂が飛んできている。こんなにパンチの効いたラーメンを食べるのは久々だった。体の中から脂まみれになる心地であった。

浅草から銀座線で上野へ。Hは京浜東北線で品川方面へ戻るので、ここでお別れ。「晩白柚東京ツアー」もいよいよ終わりである。「おつかれでした」と、Hと握手をして別れた。

こうやって腰を据えて東京巡りをしたのは、僕自身初めてだった。東京タワーやスカイツリーをはじめとした主要なランドマークを避けて、僕の趣味を全開にしたおもてなしルートを考えるのは楽しかった。Hの中に数ある東京の思い出の中で、この2日間が特別なものとなってくれたのなら、僕は冥利に尽きると思う。