晩白柚東京譚

東京での時間が夢だったかのように、まるで何もなかったかのように、新たに踏み出した生活の日々はあまりにも淡々と過ぎていく。本当に僕は東京にいたのだろうか。晩白柚東京譚と名付けられた110記事にも及ぶこの日記は、実は晩白柚という男が作り上げた創作物語ではなかったか。ここ熊本の地を歩きながら、時々そんなことを思う。

しかし、後ろを振り向くと、僕と出会い、生活をともにしてくれた人々が大勢立っていて、僕に手を振っているのが見える。僕を送り出してくれているのが見える。連日足を運んだ上石神井のカレー屋のマスターSさん。優しかった新宿ゴールデン街のバーSのママ。僕を叱咤激励してくれた上司の方々。ともに仕事と戦い、ともに浴びるように酒を飲んだK先輩と後輩H。常に遊び相手だった幼馴染A。彼らとの出会いはたしかにそこにあって、今の僕の血肉を構成している。最早、4年前に東京へやってきた頃の晩白柚はおらず、新たな瑞々しさを得た晩白柚がいるのである。

「譚」は「物語」という意味で、永井荷風の小説「濹東綺譚」にヒントを得て拝借したものである。4年前、この日記に「晩白柚東京譚」と名前を付けた時、これからどんな物語が紡がれていくのだろうと胸が騒いだのを覚えている。そして今、僕はこの物語の終局に大きな充足感を感じている。晩白柚東京譚は終わりを迎えるが、晩白柚の物語はこれで終わりではない。次の物語、そしてその次の物語を、いつまでも見守っていただけたら、幸いである。